勇村医院

大阪市阿倍野区の小児科,内科,勇村医院

〒545-0021
大阪府大阪市阿倍野区阪南町5-25-17
TEL 06-6691-2021
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

ワクチン接種について

ワクチン接種は必ず前もって来院日時をご予約ください。急に来院された場合はワクチンをご用意できない場合がありますのでご注意ください。

 

予防接種を受けましょう!

細菌(ばい菌)やウイルスが体に入ることでいろいろな病気(感染症といいます)が起こります。
そのような病気は人から人へとうつり、流行します。昔はそのためにたくさんの人が死んでいました。
このような病気のなかにはワクチンで予防できる病気があります。できるだけたくさんの人がワクチンをうけると、その病気の流行が少なくなり、体が弱っている人やワクチンがまだできない小さな赤ちゃんを守ることもできます。また最近ではウイルスが原因で起こる子宮頸癌や肝がんもワクチンで予防できます。

ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチン、トキソイドがあります。生ワクチンは弱らせたウイルスや細菌を体にいれて免疫をつけるもので麻疹、風疹、水痘、おたふくかぜ、ロタウイルス腸炎、BCGがあります。
不活化ワクチンはウイルスや細菌の一部を何回か注射して免疫をつけるもので、ヒブ、肺炎球菌、百日咳、日本脳炎、インフルエンザ、子宮頸癌、B型肝炎、A型肝炎のワクチンがこれにあたります。トキソイドは菌からでる毒素を弱めて体にいれるのもで、破傷風、ジフテリーがこれにあたります。

予防接種には法律で定められている定期接種と、希望する人が受ける任意接種があり、日本は数年前まで世界中のなかで定期接種の数が最低でした。ここ数年定期接種の数は増え、やっと欧米諸国に近づいていますが、ロタウイルス腸炎やおたふくかぜなど定期接種になっていない予防接種がまだあります。
2017年現在、定期接種はBCG、4種混合(三種混合+ポリオ)、ヒブ、肺炎球菌(乳児用、65歳以上)、B型肝炎、麻疹/風疹混合ワクチン、水痘、日本脳炎、2種混合、子宮頸癌ワクチン、65歳以上のインフルエンザワクチンです。
任意接種はロタウイルス、おたふくかぜ、インフルエンザ、A型肝炎ワクチン、髄膜炎菌ワクチン、60歳以上の帯状疱疹予防の水痘ワクチンです。
大阪市では定期接種のうちBCGのみ保健所で行っており、他のワクチンは診療所や病院で行います。予防接種のお知らせは原則個別にはこないので、接種時期に注意して受けるようにしましょう。赤ちゃんの予防接種は通常生後2ヶ月から始まります。ワクチンによっては時期が過ぎるとできないものもありますので、赤ちゃんが生まれたら早めにかかりつけ医に相談しましょう。


定期ワクチンの接種推奨時期

ヒブ:生後2ヶ月から6ヶ月に3回、1歳から1歳半までに追加接種
肺炎球菌:生後2ヶ月から6ヶ月に3回、1歳から1歳3ヶ月までに追加接種
4種混合:生後3ヶ月から6ヶ月に3回、1歳から1歳半までに追加接種
BCG:生後5ヶ月から8ヶ月
麻疹/風疹混合ワクチン:1歳から2歳までと就学前の1年間にそれぞれ1回
水痘:1歳から3歳の間に3ヶ月以上の間隔で2回
日本脳炎:3歳に2回と4歳に1回、9から13歳に1回
2種混合(DT):小学校6年生
子宮頸癌:12歳から高校1年生のあいだに3回
B型肝炎:2か月、3か月、7か月


主な任意ワクチンの接種推奨時期

ロタワクチン:生後6週から生後14週6日までに1回目を開始。1ヶ月間隔で2または3回
おたふくかぜ:1歳代に1回と幼稚園時に1回


当院では予防接種の計画について無料でご相談に応じております。お気軽にお尋ねください。